免疫力を高める淡色野菜に注目!



その他の淡色野菜

 

 

キャベツも普段よく利用する淡色野菜でしょう。キャベツには、ビタミンC、ビタミンK、葉酸などのビタミンが豊富で、カルシウム、カリウムなどのミネラル、食物繊維なども含まれています。

 

 

キャベツから発見されたことでキャベジンと呼ばれているビタミンUなども有名なところです。

 

 

免疫力を強化するのはビタミンCで、風邪の予防や美肌効果、疲労回復効果、がんの抑制にも効果を期待されています。

 

 

ビタミンUは、胃粘膜の新陳代謝の活性化効果や胃酸の過剰分泌を抑制する働きがあり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防や改善に効果が期待されます。

 

 

カリフラワーは、見た目の通りの淡色野菜ですが、実はビタミンCが豊富に含まれており、淡色野菜の中でも含有量トップクラスとなっています。しかもこのビタミンCは、加熱による損失が少ないのが特徴で、茹でて食べても大丈夫です。

 

 

ビタミンCには免疫力強化や抗酸化作用があり、風邪やガンの予防に効果的ですし、血液をサラサラにして血管を健全に保ちます。

 

 

カリフラワーにはイソチオシアナートというイオウ化合物も含まれています。これはコレステロール値や中性脂肪値、血糖値を正常にコントロールする作用があります。

 

 

他にも、ガン予防、腫瘍の増殖を抑制するステロール、発ガン物質を無毒化するインドール、発ガン抑制効果のあるフラボノイド(フェノール)、免疫力アップのアシスト役となるレクチンも含まれており、もっと多く食べてもらい野菜となっています。